鹿の御朱印・御朱印帳が頂ける寺社仏閣一覧

全国の寺社仏閣の中には、鹿がデザインされた御朱印や御朱印帳を授与してくれる所があります。

この記事ではそんな鹿の御朱印・御朱印帳について1ページにまとめてあります。

(記事中、御朱印や御朱印帳を授与して頂くことを便宜的に「買う」などの表現を使っている箇所があります。)

 
鹿の御朱印・御朱印帳がある寺社仏閣

 

 

御朱印に鹿の印を押してくれる神社

まずは鹿の御朱印から見ていきましょう。

 

有鹿神社(神奈川県)

 

 
有鹿神社は、神奈川県海老名市にある神奈川県最古の神社です。

この有鹿神社では、御朱印を頂く時に「鹿のハンください」と神職の方にお願いすると鹿の印を押してもらうことが出来ます。

 

この「鹿のハン」、ご神職の方の手作りの印だそうです。有鹿神社に行ったら是非鹿のハンをお願いしてみましょう。

 

 
 

助川 鹿嶋神社(茨城県)

 
 

助川鹿嶋神社は茨城県日立市に7つある鹿島神社の1つです。
 
この助川鹿嶋神社では、3つある御朱印のうち1つがつがいの鹿バージョンとなっています。

 

つがいの鹿バージョンではない御朱印にも「鹿の角」がデザインされています。
 
是非貰いに行ってみましょう。

 

 

春日大社(奈良県)※期間限定

 
奈良県の春日大社では、創建1250年を記念して鹿の模様入りの御朱印を頂くことができます。

通常の御朱印は「春日大社」の文字のみの印ですが、2017年9月1日~2018年12月31日の期間限定で「春日大社」の文字に加えて下り藤の紋とオス・メス一対の神鹿が描かれたバージョンの特別御朱印を頂くことが出来ます。

春日大社には本物の鹿がたくさんいるのはもちろんのこと、鹿みくじや鹿お守りなどもあります。期間限定の鹿御朱印も是非頂いてみてください。

 

 

 


 

 

鹿がデザインされている御朱印帳

 
ここからは、御朱印帳に鹿がデザインされている神社やお寺をご紹介していきます。

 

東大寺(奈良県)

 

 
東大寺では数種類の御朱印帳が売られていますが、2017年7月から発売になっている御朱印帳は、あの篠原ともえさんがデザインしたものです。

この東大寺の新しい御朱印帳は背面に鹿がデザインされています

鹿好きなら是非チェックしておきたい御朱印帳です。

 

 篠原ともえ 公式ブログ 
奈良・東大寺の御朱印帳デザインしました♪ : 篠原ともえ 公式ブログ
https://lineblog.me/shinoharatomoe/archives/67136704.html
この度、奈良県の東大寺の御朱印帳をデザインさせていただきました!大好きな東大寺とのコラボレーション嬉しいです☆金聲堂さんの見事な刺繍☆奈良の鹿のイラスト&花ごしらえで作られる椿をイラストレーションにしました。 東大寺といえば盧舎那仏さま。写仏のように...

 

 

西院春日神社(京都府)

 

 
京都府の西院春日神社では、表面に白鹿が描かれた御朱印帳が売られています。

こちらの御朱印帳は2012年から発売されており、神の使いと言われる白い鹿と、金の下り藤が大きくデザインされています。

大変縁起が良いと言われる白い鹿がデザインされたこの御朱印帳は発売当初から人気が高いものです。

 

 

大原野神社(京都府)

 

 
京都の大原野神社には鹿がデザインされた、ピンク色の可愛らしい御朱印帳が売られています。

また、ピンクはちょっと可愛すぎるかな…と思う方は鹿の角が大きくデザインされた黒くてカッコイイ御朱印帳もあります。

 

出典:大原野神社

 
また、大原野神社には神鹿の土鈴も売られています。

 

 
鹿の御朱印帳と合わせてこちらもチェックしておきましょう。

 

 

砥鹿神社(愛知県)

愛知県の砥鹿神社(とがじんじゃ)には、金色に輝く鹿が描かれた御朱印帳があります。

シンプルかつ神々しいデザインで、老若男女問わず使いやすそうです。

 

 

英彦山神宮(福岡県)

 

 
福岡県の英彦山神宮(ひこさんじんぐう)にも鹿が描かれた御朱印帳があります。

英彦山神宮に伝わる、3羽の鷹と白鹿の伝説に基づいた表紙デザインで、物語性が感じられます。

また、英彦山神宮がある英彦山には野生の鹿もたくさんいます。

英彦山神宮に参拝する機会があったら、是非御朱印帳を入手してみてください。

 

 

おわりに

 
今回は鹿の御朱印や御朱印帳をご紹介しました。

このページで紹介した以外にも鹿の御朱印や御朱印帳を授与して頂ける寺社仏閣を知っている!という方は是非当サイトのTwitterもしくはお問い合わせフォームより情報をお寄せください。

 
関連記事